PVJapan2013とは

最近注目の発電装置の一つとして太陽光発電システムがあります。なぜ太陽光発電が注目されるようになってきたかと言うと、発電に必要なエネルギーが自然エネルギーである太陽光だということで、環境にも優しい発電システムという事があります。さらに、ソーラーパネル設置に際しては各地で補助金制度が導入されており、なおかつ発電した電気を売る売電システムがあり、しかもその電気の買い取り価格が上がったということもあり、いろいろな相乗効果で普及が進んでいます。

原子力発電所運転実績 | 一般社団法人 日本原子力技術協会

そのように注目を集める発電システムですから、より良いもの、最新のものをお披露目する場ともなる、展示会と言うものも毎年開催されています。

(株)放電精密加工研究所【6469】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス

その中でもっとも有名なものの一つとしてあげられるのが、PVJapanと呼ばれるものです。今年もそのPVJapan2013が開催されました。パネルメーカーや、装置メーカー、部品メーカーや蓄電池メーカーなど関連の各企業がこぞって参加しています。その来客は日本人だけでなく、世界各国からも最新のソーラーシステムの状況を見ようと集まってきていますし、展示する側にしても、韓国、中国、ドイツなど各国メーカーが参加しています。



そういった影響でしょうか、展示ブースでも英語対応可や中国語対応可など、他国の言葉でも質疑応答に応じる事が出来るような対応がとられています。さらに驚かされるのは、そういった最新技術を展示しているにも変わらず、多くの人が写真をとっている光景を見かけると言う事です。多くの最新技術を展示する展示会では、撮影禁止となっているのが当たり前だと思いますが、見ただけではわからないものだからなのか、あまり気にすることなく、あちこちで撮影が行われているのが不思議な光景のように写ります。中には、小さな太陽光発電装置をつけた、体験キットのようなものもあり、持ち帰って組み立てると太陽光や照明に反応して動くような遊び心たっぷちのおもしろいものもあります。日常ではなかなか目にすることが出来ない楽しい環境のものですので、機会があれば一度見てはいかがでしょうか。