すごい勢いで進歩している日本の車

先日ネットニュースで見て驚愕したのだが、なんと『自動運転する車』の開発はすでに進んでいるらしい。実用化はまだだが、ニュースによれば国内三社が開発した『自動で運転をする車』の試乗が先日行われ、安倍首相が乗り心地を確かめた、とのことだった。

運動神経のない私の夢である、『ボタン一つで運転する車』が、実現のすぐそこまできていようとは…。

燃料ポンプに関するサービスキャンペーン情報 - 重要なお知らせ | ヤマハ発動機株式会社

日本の技術力と、研究にかけられる経済力に恐れ入る。

開国以降、『東洋の島国』とあざ笑われながらも、生来の真面目さと器用さと気配りの細かさで、めきめきと世界で力を伸ばしてきた日本。ウサギとカメの話ではないが、最初は日本を侮っていた欧米諸国の方が、今では日本に押されて苦しんでいる。

廃車 買取

どんなに容易く見える相手にも、慢心して気を抜いていては駄目なのだ。大人よりも子供の方が遥かに学習スピードが速いように、成長途中の国の伸び方は半端ではない。ぼうっとしていると、あっという間に立場を逆転されてしまう。

中国や韓国、インドなどのアジア諸国の経済成長に押されてい今の日本にも、同じことが言える。長らくアジアの先進国の地位に居座り続けていた日本だが、これからはそうはいかない。気を抜いたらあっという間に蹴落とされてしまうだろう。

いまさら聞けない シャシー設計入門(2):動力を断続するクラッチは回転してアッチッチ (1/3) - MONOist(モノイスト)

そうならないためには、自国の技術力に溺れず、常に周りと切磋琢磨することが必要であろう。