私も母も兄も勤め先はみな調剤薬局なのです

皆さんは家族のお仕事は何をされているでしょうか?一般的なところで言うと、「会社員」や「公務員」、または学校で「先生」をしているというご家庭もあると思いますが、その職業は基本的にバラバラではないかと思います。



例えば、サラリーマンのお父さんがいる家庭でも、その子供は公務員として公共のお仕事をしているとか、家族の職種がかぶることは基本的に無いと思います。しかし、実は我が家は、私も母も兄も、勤め先はみな「調剤薬局」なのです。
もちろん、それぞれ勤める勤務先は違うものの、全員揃って「薬剤師」として働いています。そのため、家でも「あの薬、最近多く処方されてない?」などという具合に、調剤の仕事の話題が出ることが多くあり、家族仲は良い方だと思っています。

WEDGE Infinity(ウェッジ):うつ病蔓延時代への処方箋

そんな中、父だけは「お医者様」として、都内の大きな病院で勤務しており、何だか家の中でもちょっと話題に入ってこず、一人孤高な雰囲気を漂わせています。おそらく父親としては、私と兄が揃って母親と同じ薬剤師の道に進んだことに対して、色々と思うところもあるのでしょうが、それでも何も言わず、私たちが薬科大学に進むことを許し、学費を出してくれました。当たり前のことですが、この父の資金援助が無ければ、私も兄も薬剤師になることはできなかったことでしょう。

週末だけのグローバル投資  -生き残りの処方箋-

医者として患者の命を救ってきたということもありますが、それを別にしても、子供として尊敬できる父親なのです。