司法書士の仕事内容について

町でよく「司法書士」いう看板を見かける機会はないでしょうか?全国的に見ても、少し大きめの町であれば大体のところで、開業している司法書士を見つけることが出来ます。
身近にいる法律の専門家として、多くの人に知られているこの職業ですが、実際にどのような仕事を行っているかをご存知の方は、意外に多くありません。
私たちを守る法律・法令の手続き代理人とも言える司法書士について、その仕事内容を確認してみましょう。

恩納村役場 税務課 差押え・換価とは

まず一般的に知られている同職の大きな仕事としては二つあり、「不動産登記」と「商業時」がこれに当たります。不動産登記は、個人などで家屋・土地を取得した場合に、法務局にその旨を書類で届け出て登録を行うことです。これは固定資産の算定基礎にもなるため、非常に重要な手続きです。商業登記は起業を行う際に必須の届け出で、これを行わなければ取引の安全性が法的に確保されない上、法務局より過料を科せられます。

お金を貸す際の公正証書?金銭消費貸借契約公正証書作成ガイド

また、先の二つよりも実務量は少ないとされていますが、他人からの依頼を受けて裁判所や検察庁などに提出する各種書類を作成したり、手続きそのものを依頼人に代わって行ったりします。
その他、数年前まで目立った業務としては、消費者金融に対する過払い金訴訟があります。「法定利息に照らし合わせて、債務者が支払いすぎた利息を、消費者金融業者から返還してもらう」という債務整理の案件ですが、2013年現在では既にピークを越えており減少傾向にあるとされています。

仙台 任意売却

このように司法書士の仕事内容は、他人からの依頼によって行う法的な書類の作成および、手続き自体の代行であると言うことが出来ます。